忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 07:22 】 |
ReversalDef考
掲示板での新カキコから改めて銃駆氏香澄をチェキ
こちらの反撃設定はきっちり原作準拠でヘルパーの攻撃はキッチリ食らう
しかし炎だけは投げる (・3・)アルェー?

ちなみに銃駆氏香澄のリバーサルステート
[State 3600]
type = ReversalDef
trigger1 = Time = 31
attr = S, HT
reversal.attr = SCA, NA, SA, HA
pausetime = 12,12
animtype = up
hitsound = s5,7
p1facing = 1
p2facing = 1
sparkno = s4610
sparkxy = 0,0
p1stateno = 3610
p2stateno = 3650


先のcci版
[State 1300, rever]
type = ReversalDef
trigger1 = animelem = 4, < 0
reversal.attr = SCA, AA
pausetime = 12,12
numhits = 0
p1stateno = 2301
p2stateno = 2302


後者がやけにあっさりしてるがreversal.attrの定義が一番の違い
前者は地上空中しゃがみ、通常、必殺、超必の全ての直接攻撃を定義、
一方後者は地上空中しゃがみ、あらゆる攻撃を定義
後者の書き方だとヘルパーの直接攻撃も対象になる模様

cci香澄にかかってはヘルパー長門さんもこうなります

分身するのは、投げ段階では共通やられ絵を香澄側が指定、表示させるからで、
そのあとずーっと出っ放しになる分身はヘルパーが消える機会を失って
仕方ないので基本アニメの0番(要するに素立ち)を表示し続けるせい
当たり判定はあるので、一応ふっとんだりダウンしたりはする
故にExplodeやHelperを表示させた後、きっちり消えるステートも作っておかないといけないということ

こちらもはじめはそればかりに気を取られて、新たに炎の消滅条件を追加したりしてた罠

改めて、今度は当方の炎の攻撃ステートを調べたら確かに本来飛び道具にしなければならないattrが普通の攻撃扱いになってた

type = HitDef

attr = A, HA

attr = A, HP
にしたらば問題解決

コンマの前のAは空中、
次のHはHyper即ち超必、ちなみにSならSpecial即ち必殺技、NならNomal即ち通常攻撃
最後のAはAttack即ち単純攻撃
PはProjectileか?おそらくこれが飛び道具

でもロウニンとかストライカー直接攻撃の場合の攻撃ステートは
PでなくAになってたんだが・・・
ひょっとすると炎はヘルパーが生み出すヘルパーだったので微妙に属性が変わるのか・・・?
つかそもそもp2ステートを用意する点では投げ技同様である以上、
本来ヘルパーには投げ技及びp2ステート技ってかからないはずなんだが・・・

まだまだmugenは謎が多い


で、修正パッチ・・というほどでもないが・・・
http://rockitsrow.hp.infoseek.co.jp/striker.zip
解凍後、フォルダ内に上書き

ひさびさのうpついでに物置ページもいじる
チラ裏リンクをこちらに
他タイトル変更
前までのタイトル「無為mugen」が無位無冠をもじったものだとは誰も気付かないであろう罠w
まぁ実際mugen製作なんて無為なことこの上ないのも事実なのだが・・・
あまりに身もふたもないのもなんなのでタイトル変更
ついでにタイトルバー表示も変更
前までのがrokuitiroのもじりだったとは誰も(ry
PR
【2007/12/02 07:45 】 | mugen | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]